ファイブカード ドロー

ファイブカード ドローは、誰でも食卓を囲んでプレイした経験があるゲームです。このゲームでは、1 回のドローで最高の役 (カードは 5 枚) で作ることを目指します。テキサスホールデムと同様、簡単に覚えられるけれどマスターするのが難しいゲームです。

ファイブカード ドローのルール

ドロー ゲームではフロップ ゲームと同様にブラインドとボタンを使用します。各プレイヤーに 5 枚のホールカードが伏せた状態で配られます。ビッグブラインドの次のプレイヤーはフォールド、コールまたはレイズを選択できます。ベッティングラウンドが終了するまでポーカー テーブルを時計回りにアクションを続けます。

最初のベッティング ラウンドが終了すると、ドローが行われます。捨てたいカードがある場合はクリックしてカードを選択し、もう一度クリックしてカードを捨てます。テーブルを右回りにカードを捨てていきます。自分の番が来たら、ボタンをクリックして選択したカードを捨てます。

最初のドローが終わると、ボタンの左側のプレイヤーからベッティング ラウンドを開始します。次のような順序でプレイが進行します。

  1. 5 枚のカードが各プレイヤーに配られる
  2. 1 回目のベッティング ラウンド、ビッグブラインドの左にいる最初のアクティブなプレイヤーからプレイを開始
  3. ドロー
  4. 2 回目のベッティング ラウンド、ボタンの左にいる最初のアクティブなプレイヤーからプレイを開始
  5. ショーダウン (必要な場合)

ドロー ゲームでは、デッキに残っているカードでは足りなくなる場合があります。その場合カードがリシャッフルされ、新しいデッキでプレイを続行します。ドロー ゲームでのリシャッフルの詳細については、「デッキのリシャッフル」をご覧ください。

ショーダウン - 勝者の決定

一番強い 5 枚のカードを持っているプレイヤーがポットを獲得します。勝者が決定すると、次のゲームが開始します。

同じ強さのハンドが複数ある場合は、ポットを均等に分割します。ポットの獲得にスートの強弱は関係ありません。

ファイブカード ドローのプレイ方法を無料で覚えよう

ファイブカード ドロー ポーカーをご存知でない方は、実際に遊んでみてゲームの感触をつかむことをお勧めします。PokerStars の無料ポーカー テーブルでスキルを磨いてから、リアルマネー ポーカーをプレイしましょう。

ほかのドロー形式ゲームをプレイしたい方は、人気のトリプルドロー 2-7 ローボールシングルドロー 2-7 ローボールをお試しください。どれも人気のテキサスホールデムとは趣きが異なるため良い気分転換になります。当サイトではこれらのポーカー トーナメントも開催しています。

ファイブカード ドローのほかにも多くのポーカー種目を提供しています。詳しくは「ポーカー ゲーム」をご覧ください。